<< 世の中知らない事だらけ・・・ | main | 甘みとナッツニュアンスがあります。 >>

そだねぇ〜。

 

 

最近、起源とというか、いつからどうなった的な事をブログに書いているせいか

 

物の始まりを聞かれることが多い。

 

でも私の知っていることはお酒の事か、食べ物の事がほとんどなので

 

それ以外はそんなに知らないです(笑)

 

 

ただ今日は「チーズはいつ頃からあるのか?」という質問だったので

 

日本で作られた時期なのか、海外のチーズが輸入された時期なのかを

 

逆に聞いたら、両方というので簡潔に答えた(笑)

 

 

日本で最初に作られた時期は、ほとんどの人が知っていると思うが

 

飛鳥時代くらいに書かれた「えんきしき」漢字はどうだったか忘れたが

 

そんな名前の本に書かれていた「蘇」っていうフレッシュチーズっぽいのが

 

そうだといわれているが、どちらかというと「醍醐」の方が熟成している分

 

いわゆるチーズっぽい味だったんじゃないかと思われる。

 

 

海外チーズが輸入されたのは江戸時代後期、11代将軍・徳川家斉の頃に

 

オランダのチーズが輸入されていた記録が残っている

 

 

ヨーロッパスタイルのチーズを作り始めたのは1870年代

 

酪農盛んな北海道で試験的に始まりました。

 

でも皆が食べるわけではないので生産量、消費量はごくわずか

 

1930年代に入るまで本格的に作られることはありませんでした。

 

 

こんなことを酒の席で真面目な顔して語る俺って・・・

 

 

 

PS

 

ロコ・ソラーレ! 世界選手権・出場切符ゲットおめでとう!!

 

 

明日というか今日は韓国との決勝

 

メガネ先輩は出ないらしいが、是非優勝して

 

来年の弾みにしてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:バー情報

| 意味なきつぶやき・・・ | 05:08 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 05:08 | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM